〜クリスタルボウルについて〜

◆本来の自分に

クリスタルボウルを聴くと脳波がリラックスのα波,
そして瞑想状態のθ波、
モルバダイトのボウルはそれより深いδ派まで導くといわれています。

人はストレスから解放されリラックスした状態であるほど直感が降りてきやすくなります。
それは、聖なる自己と言われるハイヤーセルフと繋がりやすくなる状態でもあります。

宇宙の音色と言われるクリスタルボウルの音の波に浸ることで
本当のピュアな部分の自分でいる体感をし、
日々のストレスからリセットしつつ

表面にあるさまざまな思考の下にある潜在意識にアクセスして
人間の持つ無限の可能性の扉を開いてみませんか。

地上に存在するものは
宇宙の、星々の周波数のひな形です。
わたしたちの細胞のひとつひとつもそうです。
もともと持っている潜在的な振動数と共鳴する
クリスタルボウル・水晶の音色・マントラのトーニング(声)…
重なりあう和音の波の中で
細胞のメモリーが触発され
「気づき」「本来の自分の役割を思い出す」ことに繋がります。

◆クリスタルと体の共鳴

クリスタルにほぼ100%含まれるケイ素とわたしたちの体に含まれるケイ素
(骨や脊髄に含まれ、抗酸化作用があると注目させている元素です)は、
同じ形の結晶をもっいて
共鳴しあうことが確認されています。

クリスタルボウルの音は、脊髄の中に働きかけ、
共鳴を起こし、血液の中の水分の結晶体を細かくし、
そのために全身にきれいな血液が流れ始め、手足が暖かくなります。
血液に関する病気に効果があることが期待されていて、
クリスタルボウルを聴く前の採血と聴いた後の採血
の結果でも証明されています。

(ケイ素は体内の有害物質を除去し、コラーゲンを定着させる働きがあるそうです…!)
また、クリスタルボウルの音の波は全身の細胞をふるわせ、デトックスを促してくれます。

人間の60兆の細胞は
常に音・振動のエネルギーを求めています。
共鳴を繋ぐのが振動であり、水分なのです。

◆クリスタルと心・ハートの共振

クリスタルボウルの音の波は豊かな倍音が含まれ、人の耳に聞こえない振動もあります。
優しくオーラ全体を包み込み、そして体に浸透していくクリスタルの振動は
体のエネルギーセンターであるチャクラのバランスも整えていくとともに、
「心のちりやほこり」のついたオーラを浄化し、調律し、ハートを開いて、気づき・変容に導きます。

お一人お一人に起きることが違うのは、
お一人お一人がご自身に今にとっての最善の癒やしをもたらすということなのかもしれません。

必要なところに必要なだけ、音の波は届き、私たちと共鳴・共振していきます。

◆クリスタルボウルとマントラの調和

私たち,存在するものはエネルギーが形となったものです。
マントラは、ヒーリング効果のある音の波長をもったエネルギーの形で、
高次の意識に導くと言われているサンスクリット語のフレーズですが、
私は宇宙からの愛のエネルギーだとも思っています。
(イルカはサンスクリット語の唄に引きつけられるそうです。
古代言語にある音のエネルギーに反応するのでしょうか。)

レムリアンヒーリングに限らず
様々なセラピーには
「トーニング」という声による癒やしを行うことがあります。

そして、自然界の音の様に
シンプルな鳴り方ながらも
多重構造な共鳴は
脳内エネルギーを増幅させる効果があります。

◆クリスタルボウルを聴いたあとは…

しばらく(2〜3日)精神的にも肉体的にもヒーリングが静かに優しく続きます。
肉体では細胞レベルで浄化が進むので、良質のお水をなるべく沢山とってデトックスを促してください。
クリスタルボウルの音を浴びていると自然に深い瞑想状態になります。
それは、本来の自分を思い出すきっかけになり、また
もう手放して良い準備が出来た怒りや悲しみなど…いらなくなった感情が
ホコリの様に浮き上がってくることもあります。
様々な感情がわき上がってきた時は、そのお気持ちに寄り添い、抱え込むことなく、
味わってあげてください。その後に訪れる「気づき」という素敵なギフトとともに。
手放す「こつ」みたいなものです。
泣く・笑う・怒る・悲しむ…全て感じるために私たちは生まれてきました。
そしてまた、なにも起こらなくても、大丈夫です。宇宙はすべて完璧です。

たまに
頭が重くなったり、だるくなったり、お腹がゆるくなる…などの「好転反応」が
起きることもあります。
体や心が快適な状態になる際に起きる「抵抗」のようなものなので
お水を多めにとってゆったりお過ごしいただいているうちに消えていくので
どうぞ安心してください。それだけ心と体ががんばっていたのだと、ご自身を褒めてあげてください。
どうしてもおつらい場合は、遠隔でヒーリングを5分くらいお送りしますので
ご遠慮なくご連絡ください。

〜心からの愛と感謝を込めて〜

 

Copyright© Partire.inc All rights reserved.